入局案内|糖尿病 食事療法 治療 京大病院 栄養内科





入局案内

厚生労働省による平成19 年の糖尿病実態調査によると、『糖尿病が強く疑われる人』の890万人と『糖尿病の可能性を否定できない人』の1320 万人を合わせると、全国に2210 万人いると推定されます。 しかし、『糖尿病が強く疑われる人』で、40歳以上で「現在治療を受けている」と答えた人の割合は55%程度にとどまっています。全国の医療機関も糖尿病専門内科外来を新設して対応にあたっていますが、 糖尿病診療スタッフの慢性的かつ急速な不足が問題となっています。また、国際的にも糖尿病患者の増加は重要な問題となっており、2007年には国連において「糖尿病に関する決議」が採択され糖尿病に関する知識、 教育、ケアの普及を全世界的に推進することが各国に求められました。

このような背景からも、糖尿病を専攻する臨床医、研究者の育成は急務です。 当科では、糖尿病内科、臨床栄養分野の臨床に興味のある方、研究に興味のある方を広く募集しています。 初期研修、後期研修、専門医取得、大学院入学などあらゆる段階での進路相談に柔軟に対応し、情報提供致しますので、お気軽にお声がけ下さい。

教授メッセージ臨床研修体制研究教育

入局案内のお知らせ

第1回 平成29年5月21日(日)15時より
第2回 平成29年7月9日(日)15時より

説明会以外にも随時相談に応じています。
入局希望のお問い合わせはこちらまで。

harasima@kuhp.kyoto-u.ac.jp
【医局長・講師 原島伸一】

専門修練医の募集について

現在、専門修錬医及び医員を募集しています。
糖尿病、内分泌疾患、栄養など多岐に亘る症例を経験することができます。 それぞれの専門医取得を目指した研修内容となっています。 また、関連病院での研修や大学院への進学も可能です。 ご希望の方は下記までご連絡下さい。

harasima@kuhp.kyoto-u.ac.jp
【医局長・講師 原島伸一】

大学院情報

当科では、大学院への進学を志している方を歓迎します。 ご希望の方は下記までご連絡下さい。
見学日は原則水曜日となっています。 また、5月には大学説明会も行います。
詳しくは、当ホームページにてご案内いたします。

harasima@kuhp.kyoto-u.ac.jp
【医局長・講師 原島伸一】

初期研修医情報

糖尿病学、内分泌学、栄養学に興味のある学生さんの見学を歓迎します。
ご希望の方は下記までご連絡下さい。 日程については、決定次第ご案内いたします。

masaogu@kuhp.kyoto-u.ac.jp
【病棟医長・特定助教 小倉雅仁】

※ 京都大学医学部付属病院での研修について、 詳しくはこちら